鎌倉散策


*istD
TAMRON SP AF28-75mm F/2.8 XR Di LD Aspherical [IF] MACRO
以下の写真はすべて同じ機材を使用

新江ノ島水族館をあとにして、まだ時間も少し早かったので、鎌倉まで行きました。カメラを持って鎌倉に行くのは、高校の写真部の撮影会以来でしょうか?
この日は、鶴岡八幡宮とその周辺を散策しました。予報では、午後から雷を伴った荒れた天気とのことでしたが、予想に反し意外と言いお天気で、空いておりました。

Continue reading "鎌倉散策"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ecto for windows Ver1.7

ecto for windowsもバージョンアップしたようなので早速試用。先の紫陽花もectoからエントリーしました。
ectoって、1.6から1.7へバージョンアップってマイナーだと思うのですが、結構大胆に変更されています。

ざっと見た変更点は
1.更新Pingのリストがなくなり、自分でBlogPeopleなどに更新Pingを打たなければならない。
ブロッグぴんぴんを使えば、問題ないかも。
2.写真が、自動的に縮小されるようになった。
写真のリサイズをほかのアプリでしなくてよい分、楽になったと思う。
3.見た目が大きく変わった。
特に、日本語のメニューがめちゃめちゃ^_^; 「眺め」は無いだろう?「輸出項目記入」なんて、メニューもありますよ^^

| | Comments (0) | TrackBack (0)

紫陽花


*istD
TAMRON SP AF28-75mm F/2.8 XR Di LD Aspherical [IF] MACRO

隣家の紫陽花です。ほんのりと青く色づき始めたばかりです。本格的に色づくのはいつごろでしょうか?
だいせいさんの<紫陽花.BLOG>にTBします。

やっぱり、そろそろマクロレンズぐらい欲しいところですな。

| | Comments (2) | TrackBack (3)

桜?


*istD
smc PENTAX-DA 40mmF2.8 Limited

桜でしょうか?。こんな時期に咲くなんて、もう葉も、新緑というより立派な緑です。
さて、今日は酋長最終日の予定ですが、本当に帰れるのか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

出張先で空を撮る


*istD
smc PENTAX-DA 40mmF2.8 Limited

めっきり出番が減ってしまったリミパン、今回は出張に装備を軽くするため、こいつを連れてきました。ほとんど撮る時間は無いけれど、撮れば気持ちが和みます、
アァ、早く家に帰りたいなぁ・・・orz。あと4日?

| | Comments (2) | TrackBack (0)

長瀞

IMGP6433

SLでの旅は、御花畑駅で、終わり。みけさんが、羊山公園のすばらしい芝桜をエントリーされていたのを見て、行ってみようと思い、駅員さんに聞いたところ、今はシーズンを過ぎたとのことで断念。普通列車で長瀞に戻りました。
短い時間でしたが、長瀞の岩畳を散策しました。山の中ですが、自然を感じることが出来ました。
今度はSL抜きで、荒川ライン下りなどを楽しんでみたいと思います。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

パレオエクスプレス

IMGP6382

土曜日、秩父鉄道のSL秩父路号こと「パレオエクスプレス」に乗ってきました。

Continue reading "パレオエクスプレス"

| | Comments (5) | TrackBack (0)

BlogPeople loves jigブラウザ

fl-050512-01
*istD
SMC PENTAX DA 16-45mmF4ED AL

BlogPeopleのサイトを久しぶりに覗いていたら、「BlogPeople loves jigブラウザ」発表と有るじゃないですか?
自分もjigブラウザを購入したんで、このサービスはありがたい。
ちょっと設定方法は、わかりにくいところに有りますが、ここにあります。

作成結果は、普通のhtmlページのようなので、jigブラウザ専用でもなく、PC用のブラウザでも当然見れますね。当然、愛用のCLIEでも使えるはずです。CLIEのブラウザNetFrontは、javaにも対応してるんですが、表示が遅いので、通常、「javaを使用しない」設定にして有ります。これなら、CLIE(PDA)用の簡易RSSリーダの代用になりますね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

こんなところでカモに出会うとは

fl-050510-01
*istD
SMC PENTAX DA 16-45mmF4ED AL

ここは、東京のど真ん中、子供たちといつも散歩に来るところ。取り立てて大きな公園があるわけでもない。でも、カモさんが飛んできました。つがいでしょうかねぇ。ちょっとうれしくなって、写真を撮りました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

HyperProgramとHyperManual

test
*istD
SMC PENTAX DA 16-45mmF4ED AL

みけさんから*istDのHyperProgramとHyperManualそしてグリーンボタンについて質問を受けました。
私自身なりの使用方法について解説してみようと思います。間違ってたら指摘くださいね。

DSがDより小さい、液晶が大きいなど優れた部分も多いのですが、DユーザーがそれほどDsに対して嫉妬しない理由の1番の機能がこのHyperProgramとHyperManualだと思います。銀塩のZ1系に搭載され、この*istDまでなぜか省かれてしまったすぐれた機能です。

まずはHyperProgramから
*istDには、露出プログラムには、「NormalLine」、「シャッタースピード優先」、「MTF優先」、「被写界深度優先」の4つの露出を決定するシャッタースピードと絞りの関係が組み込まれています。これらは通常、どの露出プログラム使うか、ユーザーが決定します。私は「NormalLine」に設定してあります。この「NormalLine」は簡単に言えば、被写界深度もそこそこ有り、シャッタースピードもそこそこ早いという、失敗の少ない設定です。普段の私はこれで子供やスナップを撮ります。そこで、たとえばきれいな花が咲いていて、この花を撮りたいと思いました。ここでHyperProgramの登場です。
「NormalLine」のままだと、花にはもちろんピントは合いますが、被写界深度が深いため、背景もそれなりに写ってしまい、あまり見栄えが良い物が出来ません。他のカメラなら、モードダイアルでAvモードにすると言う手順が入りますが、HyperProgramなら右親指のダイアルをクルクルっと回せば、簡単にAvモードになります。花なんで、開放側にダイヤルを回し、背景を整理します。花の撮影が終わり、また普段のスナップを撮るには、右上のグリーンボタンを押せば、「NormalLine」に瞬時に戻ります。これがHyperProgramです。

次はHyperManualです。
これは、一度だけ使いましたが、じっくり撮るのにはいいモードです。モードダイアルはMに設定します。Mのままですから、被写体が変るたびに、露出を変えなければなりません。Mですから、絞りもシャッタースピードも自分で決めることになります。昔の露出計付のカメラはみんなこんな感じで撮っていたはずです。だから、昔はとっさに露出を決めることができず、シャッターチャンスを逃すことも多かったに違いありません。
で、被写体にカメラを向けて、グリーンボタンを押す。そうすると、上で設定した露出プログラムのラインに乗った最適な露出が得られます。これがHyperManualです。
また、HyperManualのもうひとつの使い方として、AEロックの使い方が出来ます。明暗差が大きい被写体で、どちらかに露出を合わせたいとき、そこにカメラを向け、グリーンボタンを押せば、その絞りとシャッタースピードが記憶されますから、構図を変えて、シャッターを押す。これでAEロックになります。HyperProgramでもAEロックボタンを押せば、OKですが私にはちょっと使いづらいですね^^。

以上が簡単な説明となります。

| | Comments (9) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧