こんなところでカモに出会うとは

fl-050510-01
*istD
SMC PENTAX DA 16-45mmF4ED AL

ここは、東京のど真ん中、子供たちといつも散歩に来るところ。取り立てて大きな公園があるわけでもない。でも、カモさんが飛んできました。つがいでしょうかねぇ。ちょっとうれしくなって、写真を撮りました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

HyperProgramとHyperManual

test
*istD
SMC PENTAX DA 16-45mmF4ED AL

みけさんから*istDのHyperProgramとHyperManualそしてグリーンボタンについて質問を受けました。
私自身なりの使用方法について解説してみようと思います。間違ってたら指摘くださいね。

DSがDより小さい、液晶が大きいなど優れた部分も多いのですが、DユーザーがそれほどDsに対して嫉妬しない理由の1番の機能がこのHyperProgramとHyperManualだと思います。銀塩のZ1系に搭載され、この*istDまでなぜか省かれてしまったすぐれた機能です。

まずはHyperProgramから
*istDには、露出プログラムには、「NormalLine」、「シャッタースピード優先」、「MTF優先」、「被写界深度優先」の4つの露出を決定するシャッタースピードと絞りの関係が組み込まれています。これらは通常、どの露出プログラム使うか、ユーザーが決定します。私は「NormalLine」に設定してあります。この「NormalLine」は簡単に言えば、被写界深度もそこそこ有り、シャッタースピードもそこそこ早いという、失敗の少ない設定です。普段の私はこれで子供やスナップを撮ります。そこで、たとえばきれいな花が咲いていて、この花を撮りたいと思いました。ここでHyperProgramの登場です。
「NormalLine」のままだと、花にはもちろんピントは合いますが、被写界深度が深いため、背景もそれなりに写ってしまい、あまり見栄えが良い物が出来ません。他のカメラなら、モードダイアルでAvモードにすると言う手順が入りますが、HyperProgramなら右親指のダイアルをクルクルっと回せば、簡単にAvモードになります。花なんで、開放側にダイヤルを回し、背景を整理します。花の撮影が終わり、また普段のスナップを撮るには、右上のグリーンボタンを押せば、「NormalLine」に瞬時に戻ります。これがHyperProgramです。

次はHyperManualです。
これは、一度だけ使いましたが、じっくり撮るのにはいいモードです。モードダイアルはMに設定します。Mのままですから、被写体が変るたびに、露出を変えなければなりません。Mですから、絞りもシャッタースピードも自分で決めることになります。昔の露出計付のカメラはみんなこんな感じで撮っていたはずです。だから、昔はとっさに露出を決めることができず、シャッターチャンスを逃すことも多かったに違いありません。
で、被写体にカメラを向けて、グリーンボタンを押す。そうすると、上で設定した露出プログラムのラインに乗った最適な露出が得られます。これがHyperManualです。
また、HyperManualのもうひとつの使い方として、AEロックの使い方が出来ます。明暗差が大きい被写体で、どちらかに露出を合わせたいとき、そこにカメラを向け、グリーンボタンを押せば、その絞りとシャッタースピードが記憶されますから、構図を変えて、シャッターを押す。これでAEロックになります。HyperProgramでもAEロックボタンを押せば、OKですが私にはちょっと使いづらいですね^^。

以上が簡単な説明となります。

| | Comments (9) | TrackBack (0)

Blogクライアントの文字化け直ったようです

EBISU Garden Place
*istD
SMC PENTAX DA 16-45mmF4ED AL

GWまえにBlogクライアントの文字化の件をエントリーしました。さっき、直ったみたいです\(^o^)/。今日の午前中は駄目だったんですが、
Niftyさん、助かります

| | Comments (0) | TrackBack (0)

LSE

LSE
ひとつ前のエントリーは、GMAILからflickr経由で直接エントリーしようとしたものです。
結果は、うまく出来ないですね。
ここを見て、APIタイプをBloggerAPIにしたのですが、どうもうまくいきません。特に、本文をありの設定にすると、flickrにはエントリーされますが、ココログには反映されません。本文無しなら、下のエントリーのようになります。どうしてでしょ?

これがうまくいけば、Clieからも簡単にエントリーできると思うのですが・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

無題

Test Entry From GMAIL thtrough flickr

| | Comments (0) | TrackBack (0)

久しぶりのVSE撮影

IMGP6263
*istD
TAMRON SP AF28-75mm F/2.8 XR Di LD Aspherical [IF] MACRO

子供の日の夕方、長男とロマンスカーを見に、散歩に出かけました。次男がちょうどお昼寝タイムになったので、次男を起こさないようにと長男を連れ出しました。このVSEって意外と運転本数が少なくて、時間を合わせていかないとタイムリーに見ることができません。(何しろ、VSEは今のところ、2編成しか無いようです。)
最近、ロマンスカーを撮るときは、なんかの一つ覚えのように、流し撮りしかしていなかったので、たまには別の撮り方をしてみよう、ということで、上の写真が撮れました^^。結構、フレーム一杯に写っていて、満足、満足。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

どうだんつつじ

IMGP5789
*istD
TAMRON SP AF28-75mm F/2.8 XR Di LD Aspherical [IF] MACRO

4月22日のエントリーでは花の名前もしりませんでした。
ようやく、fetta1.8さんの記事でようやく分かりました。これで、この写真もエントリーすることができました。ありがとうございますm(__)m。
まだまだ、若い木のようで、花はそれほど多くありません。ただ、白と緑がうまく対比できてるかと・・・(^_^;)。

| | Comments (5) | TrackBack (3)

フレッシュひたち

Fresh Hitachi
OptioSで撮影

昨日は先週に行った土浦に再び出張してました。帰り道、ちょうどホームに入ってきたフレッシュひたちに乗ることが出来ました(^_^)v。フレッシュひたちの感想。外観は写真で見るよりずっとシックです。写真だと白く見える車体が、実はシルバーで、これが意外といい感じです。
家について、長男に「赤いフレッシュひたちに乗ったよ」と教えてあげたら、「いいなぁ、僕も乗りたいなぁ」ですって、今度、何か特急電車に載せてあげなくては・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

結局、品川水族館


IMGP5742, originally uploaded by ClieistD PP.

昨日、Epsonアクアスタジアムを断念したあと、結局、品川水族館に行きました。
子供たちは、ここで十分満足のようでした。ラッキー^^。

ところで、水泳の北島康介選手の名前を聞くと「水もれ甲介」を思い出すのは、私だけでしょうか?

| | Comments (2) | TrackBack (0)

品川プリンスホテル


Shinagawa Prince Hotel, originally uploaded by ClieistD PP.

実は、今日、品川プリンスホテルにできたEpsonアクアミュージアムに行ったんですが、60分待ちのプラカードを見て断念しました。
中華バイキングは食べてきましたけど・・・

小さい子供たちは1時間は待てないですよね。
でも、残念!

代わりに、品川プリンスでみた鯉でもアップしておきます。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧